ワイヤープランツ(ミューレンベッキア・アクシラリス)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ワイアープランツ
学名Muehlenbeckia axillaris
和名
英名 wire vine
流通名ワイヤープランツ、ワイアープランツ
科名タデ科
属名ミューレンベッキア属
用途 小〜中鉢
吊鉢
寄せ植え
性状常緑小低木(匍匐性)
原産地ニュージランド〜豪州
特徴 ミューレンベッキア属の植物は、枝が針金のように細いのでワイヤープラントといいますが、本種はよく分枝した茎葉がマット状に地面に1mほどに広がります。葉は円形〜長楕円形で、径5〜10mmと小さく、その草姿はなかなか可憐で、多彩な用途に使えます。葉の斑入りが美しい品種もあります。なお、コンプレクサ種(M. complexaもワイヤープランツと言い、出回っています。
管理 性質は非常に強健で、野生化しやすい。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ