シマトネリコ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
シマトネリコ
学名Fraxinus griffithii
和名シマトネリコ
別名タイワンシオジ
英名
科名モクセイ科
属名トネリコ属
性状半落葉高木
用途 中〜大鉢
花壇
原産地沖縄〜インド
特徴 小さな葉が密に着いた姿が好まれて、最近はかなり出回っています。羽状複葉で、小葉は小さく5〜9個、対生で着きます。寒さにも比較的強く、丈夫です。本来は大木で、熱帯では家具などに材木として広く使われています。なお、本種はトネリコの名で販売されていることが多いようですが、トネリコは日本の中部以北に原産する別種です。
管理 性質は丈夫。繁殖は種まき、挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間