オオタニワタリ
オオタニワタリ
学名Asplenium antiquum
和名オオタニワタリ
英名
流通名タニワタリ
科名チャセンシダ科
属名チャセンシダ(アスプレニウム)属
性状常緑多年性シダ
用途 小〜中鉢
花壇
原産地日本南部〜台湾
特徴 日本の南部の樹林に自生し、樹上や岩上などに着生している大型のシダで、幅の広い単葉が重なりあって杯状になります。形態的にはシマオオタニワタリとたいへんに似ており、胞子の着生が異なる程度です。実際にたくさん流通しているシマオオタニワタリの園芸品種アビスに比べれば、本種の葉幅はかなり狭く、細長い姿をしています。
管理 アスプレニウム・アビスに準ずる。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へシダの仲間同じ科の仲間同じ属の仲間へ