青鎖竜(セイサリュウ)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
青鎖竜(セイサリュウ)
学名Crassula muscosa (=C. lycopodioides
園芸名青鎖竜(セイサリュウ)
英名 moss crassula, watch chain
科名ベンケイソウ科
属名クラッスラ属
性状常緑多年草(多肉)
用途小〜中鉢
原産地南アフリカ
特徴 針葉樹のビャクシンの枝のような姿がおもしろい多肉植物の仲間です。葉は極めて小さく、鱗片状に十字対生して細い鎖状につながっています。太さは3〜4mm程度、長さは15〜20cm程度で、よく分枝します。大正末年に導入された植物ですが、その姿がユニークで、管理も容易なので、長い間親しまれてきました。
管理 耐暑、耐寒性強い。適度に刈り込んで姿を整える。繁殖は挿し木で容易。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間アカリファ属の仲間へ