サンセベリア・トリファスキアタ ’ローレンティー’
サンセベリア・トリファスキアタ ’ローレンティー’
学名Sansevieria trifasciata ' Laurentii'
和名フクリンチトセラン
英名 sansevieria ' Laurentii'
科名キジカクシ科(リュウケツジュ科)(リュウゼツラン科)
属名チトセラン(サンセヴィエリア)属
性状常緑多年草(多肉)
用途小〜大鉢
原産地西熱帯アフリカ
特徴 サンセベリアは戦前からの古典的な観葉植物ですが、現在も人気の高い名品です。トリファスキアタ種は最も多く流通している種で、直立した剣状の多肉性の根出葉が濃緑と淡緑の美しい雲状模様をしています。多くの品種がありますが、’ローレンティー’はその代表的な品種で、葉の周囲に幅広い黄白色の斑が入ります。単にサンセベリアといえばこの品種を指すほどです。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
夏だけは直射光を避ける耐陰性がある10℃以上必要乾燥気味を好む
ホームページ観葉植物百科目次へユリ科の仲間同じ属の仲間へ品種紹介管理方法の解説へ