ポトス
ポトス
’ゴールデンポトス’
学名Epipremnum aureum
和名オウゴンカズラ
英名golden pothos
通称名ポトス
用途 ミニ
小〜大鉢
吊り鉢
ポール
あんどん仕立て
科名サトイモ科
属名エピプレムヌム属
性状常緑蔓性多年草
原産地ソロモン諸島
特徴 ハート形の緑色の葉に、黄白色などの斑が美しく入るつる性の用途の広い観葉植物です。自生地では長さ数十mにも伸び、葉はモンステラと同じように穴や深い切り込みのある大きな葉になりますが、観賞しているのは幼葉で、切れ込みはありません。
 不規則な黄色斑の入るゴールデンポトスが最も一般的な品種ですが、葉全面が淡黄緑色のライム白斑のマーブルクイーン、緑、黄、白の斑の入るトリカラーなどがあります。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へサトイモ科の仲間同じ属の仲間へ品種紹介管理方法の解説へ