ダイギンリュウ(ペディランツス・ティティマロイデス)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ダイギンリュウ(ペディランツス・ティティマロイデス)
学名Pedilanthus tithymaloides ' Cucullatus'
園芸名大銀竜(ダイギンリュウ)
英名 devil's-backborn
科名トウダイグサ科
属名ペディランツス属
性状常緑多肉低木
原産地熱帯アメリカ
用途小〜中鉢
特徴 茎が多肉で、園芸名を大銀龍という古くからの園芸植物です。茎が節ごとにジグザグに屈曲し、長卵形の肉厚の葉を交互に出す姿がおもしろい植物です。葉と茎には黄色の斑が入っています。本種にはその他にもいくつかの品種があります。
管理 性質は強健。冬は落葉するので水を控えます。7℃あれば越冬できます。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ観葉植物百科目次へコショウ科の仲間同じ属の仲間へ