オリヅルラン
オリヅルラン
学名Chlorophytum comosum
和名オリヅルラン
英名spider plant,spider ivy
科名キジカクシ科(アンテリクム科)(ユリ科)
属名オリヅルラン属
用途 ミニ、
小〜中鉢
吊り鉢
性状常緑多年草
原産地南アフリカ
特徴 オリヅルランはランナー(走り茎)が伸びて、その先に折り鶴のような小苗をつける姿が、なかなかよいものです。明治の初期に渡来して以来、長く続いている人気種です。性質は強健でたいへん育てやすい植物です。斑の入り方などの違いによって、ソトフ(外斑)ナカフ(中斑)ナカフヒロハ(中斑広葉)アオ(斑無し)などの品種があります。
 なお、種の異なるシャムオリヅルランも出回っていますが、これはランナーが出ません。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へユリ科の仲間同じ属の仲間へ管理方法の解説へ