マツバラン
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
マツバラン
学名Psilotum nudum
和名マツバラン、ホウキラン
英名 whisk fern
科名マツバラン科
属名マツバラン属
性状常緑多年草
用途 ミニ
小〜中鉢
原産地世界の熱帯、亜熱帯
特徴 茎には葉がなく、多数分枝してほうき状の姿となる独特の草姿をしています。この茎に付く胞子嚢は黄色いので、茎の上部は黄色を呈します。日本にも自生し、古典園芸植物として江戸時代から栽培されていた植物ですから、品種は豊富にあります。概して生育は旺盛で、管理は容易です。
注:レッドデーターブック記載の危急植物
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水

ホームページ観葉植物百科目次へシダの仲間同じ科の仲間管理方法の解説へ