ベゴニア・バウエラエ 'タイガー'
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ベゴニア・バウエラエ
開花期101112
学名Begonia bowerae ’Tiger'
和名
英名 eyelash begonia
流通名 ベゴニア・タイガー
科名シュウカイドウ科
属名ベゴニア属
性状常緑多年草(根茎性)
用途小〜中鉢
原産地メキシコ
特徴 葉は小さく、匍匐して横に広がる 根茎性の小型ベゴニアです。葉はゆがんだ心臓形で、長さ4cmほど、斑模様が美しい。原種の葉は周縁に黒紫色の不規則な斑紋が入るだけですが、本品種の葉は鮮やかな黄緑色葉にこげ茶色の大きな斑が葉脈に沿って不規則に入り、その色のコントラストが美しい。早春に赤味を帯びた白色の小さな花が多数咲きます。
管理 「レックスベゴニアの管理」に準ずる。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
半日陰を好む耐陰性がある5〜10℃が必要普通の水やりでよい
ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間同じ属の仲間へ