アロエ(キダチアロエ)
アロエ(キダチアロエ)
学名Aloe arborescens
和名キダチアロエ
別名キダチロカイ
流通名アロエ(愛称:医者いらず)
科名ツルボラン科(ユリ科)
属名アロエ属
性状常緑低木(多肉)
用途 小〜中鉢
庭植
原産地南アフリカ
特徴 アロエ属は大きな多肉植物群ですが、日本で広く普及しているのはキダチアロエです。民間薬として有名で、「医者いらず」の愛称で知られています。葉は剣状で多汁、灰緑色で、葉縁には三角形のトゲを密につけます。株が大きくなると、朱赤色の筒状の花が紡錘状になって、12月〜3月ごろに咲き、なかなか美しい。 性質は強健で、低温や乾燥にも強いので、管理しやすい多肉植物です。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水

ホームページ観葉植物百科目次へユリ科の仲間同じ属の仲間へ管理方法の解説へ豆 知 識