アスプレニウム・ニダス 'アビス'
アスプレニウム・ニダス 'アビス'
学名Asplenium nidus 'Avis'
和名シマオオタニワタリ
英名 bird's nest fern
通称名アビス
科名チャセンシダ科
属名チャセンシダ(アスプレニウム)属
性状常緑多年性シダ
用途 ミニ、
小〜中鉢
原産地熱帯旧世界
特徴 幅の広い単葉が重なりあって杯状になる大型のシダで、この園芸種がアビスです。アビスはやや葉が短く、上半部が広幅で、株全体に丸みがあり柔らかい感じがします。近縁種のオオタニワタリは外観上は似ていますが、胞子が葉幅の3/2以上に着きます。しかし、本種は葉の先端に、葉幅の半分くらいしか着きません。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
植物図鑑「オオタニワタリ」豆知識「着生植物」熱帯植物館「オオタニワタリ」
ホームページ観葉植物百科目次へシダの仲間同じ科の仲間同じ属の仲間へ管理方法の解説へ