ワタ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ワタ
開花期101112
学名Gossypium sp.
和名ワタ
英名 tree cotton
科名アオイ科
属名ワタ属
性状多年草
用途小〜中鉢
原産地旧大陸(インド?)
特徴 ワタは木綿の原料作物ですが、花は黄色で、中心部が暗赤紫色をしており、なかなか美しい。特に、果実が裂開して、種子を覆う綿が開いている状態が珍しいので、鉢物として出回ってます。葉は3〜5裂しています。ワタは昔はアジアワタ(G.arboreum)が栽培の主要種で、日本でも江戸時代にはかなり栽培されていました。しかし、現在はペルーワタ(G.barbadense)など新大陸で育成された4倍体系品種が主流になっています。
管理 園芸上は一年草扱いで、繁殖は種まき。適期は5月。種子は綿毛をよく取り除き、傷をつけてまく。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間
熱帯植物館「ワタ}