ムラサキツユクサ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ムラサキツユクサ
開花期101112
学名Tradescantia ohiensis(=T.reflexa)
和名ムラサキツユクサ
英名 common spiderwort
科名ツユクサ科
属名トラデスカンティア属(ムラサキツユクサ属)
性状多年草(耐寒性)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地北米
特徴 日本にも自生するツユクサをやや大型にした植物ですが、トラデイスカンティアの仲間で、庭に植えるのは本種かオオムラサキツユクサ(T. virginianaです。茎の先端に数個の花が集散状につき、1花ずつ咲きます。1日花で午後にはしぼみます。基本色は青色で、2弁が大きくて青く、1弁は小さくて白い。園芸品種に白、赤、桃、白覆輪などがあります。
管理 性質は強健。土質、場所をあまり選ばない。繁殖は株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ