白雪ミセバヤ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
白雪ミセバヤ
開花期101112
学名Sedum spathulifolium ssp.pruinosum
和名園芸名:白雪ミセバヤ
英名
流通名
科名ベンケイソウ科
属名セダム(セドゥム)属(マンネングサ属)
性状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地中米〜アメリカ西部
特徴 白い粉で覆われた小さな葉のロゼット状の姿が美しいセダムです。園芸名は白雪ミセバヤですが、ミセバヤとは属が違います。茎は短く、その先端にロゼットを形成します。葉は長さ2cm弱でへら形をしています。群生して育ち、しばしば長いランナーを出して横に広がります。初夏に黄色の小さな花が集散状に咲きます。
管理 夏の暑さにやや弱いので、水を減らし乾燥気味に管理。その他の季節の水管理はやや多め。性質は丈夫。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間同じ属の仲間へ