ナツユキカズラ(ポリゴヌム・オーベールティー)
ナツユキカズラ(ポリゴヌム・オーベールティー)
開花期101112
学名Polygonum aubertii (=Fallopia aubertii)
和名ナツユキカズラ
英名 Chaina fleece vine, silver lace vine
流通名ポリゴナム・アウベルティ
科名タデ科
属名タデ属
性状落葉低木(蔓性)
用途 中〜大鉢
花壇
原産地中国西部、チベット、タジキスタン
特徴 茎頂に咲く白色花の穂状花序が株全体を覆うように咲いて美しい。これが遠くから見ると雪をかぶったように見えるので夏雪葛の名があります。花の径は1cm以内と小さく、花弁は5枚です。蔓の長さは10m以上にも伸び、よく分枝して広がります。葉は薄く、心臓形で先端が尖り、長さ5cmほどで、秋の紅葉も楽しめます。壁面やフェンスの植栽に適します。
管理 生育は旺盛。冬の間に伸びた枝を誘引、整枝する。殖やすのは挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ