ロベリア・エリヌス
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ALIGN=BOTTOM
開花期101112
学名Lobelia erinus
和名ルリチョウソウ
英名 edging lobelia
科名キキョウ科
属名ローベリア属
性状一年草(半耐寒性)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地南アフリカ
特徴 半球状の草姿で、株を覆うように多数の小花が咲く。下垂性の品種があり、これは吊り鉢に適します。花色は青、青紫、紺青、赤紫、桃、白など。
管理 光線の強い環境を好む。過湿は嫌う。繁殖は種まきで、9〜10月が適期。冬は霜除けなどの防寒が必要。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間同じ属の仲間へ