キンモクセイ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
キンモクセイ
開花期101112
学名Osmanthus fragrans var.aurantiacus
和名キンモクセイ
英名
科名モクセイ科
属名モクセイ属
性状常緑小高木
用途 中〜大鉢
庭園
原産地中国
特徴 強い芳香のあるキンモクセイは庭木として馴染みの植物ですが、鉢植えでも流通します。本種はギンモクセイの変種で、ギンモクセイの花は白色、本種は橙黄色です。小さな花が散形状に多数咲きます。雌雄異株ですが、日本には雄株しかないようです。よく分枝してこんもりとした姿に育ち、高さは3〜6m。葉は長楕円形で先端が尖っています。斑入り品種や四季咲き性の品種もあります。
管理 性質は強健。空気が汚染したしたところでは開花しにくい。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ
豆知識「キンモクセイの実」