エミリア・コッキネア
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
エミリア・コッキネア
開花期101112
学名 Emilia coccinea (=Cacalia coccinea
=C.sagittata =E.flammea =E.javanica)
和名ベニニガナ
別名エフデギク、キヌフサソウ
英名 tassel flower
流通名 カカリア・コッキネア
科名キク科
属名エミリア属
性状一年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地熱帯アフリカ
特徴 茎頂に径1.5cmほどの小さい緋紅色の頭花を数花つける可憐な花です。園芸品種には黄や橙色のものもあります。葉は長楕円形〜卵形で、10〜15cm、ロゼット状に叢生します。切り花に使われていましたが、ガーデニング用にも流通します。旧学名のカカリアの名で流通します。
管理 性質は強健。排水性の良い土を好む。繁殖は種まきで、適期は4月。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間