ノアサガオ
ノアサガオ
開花期101112
学名Ipomoea congesta (=I.indica)
和名ノアサガオ
英名
流通名 宿根アサガオ、琉球アサガオ、オーシャンブルー、
西表アサガオ、クリスタルブルー
科名ヒルガオ科
属名イポメア(サツマイモ)属
性状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地日本南部海岸〜熱帯アジア
特徴 沖縄や南西諸島でアサガオと言えば本種をさします。宿根性のアサガオで、オーシャンブルーなどいろいろな名前で出回っています。花は径10cm程度で、葉腋に数個つく房咲き性です。花色は青紫色で、少しは濃淡などの変異があります。種子はまずできません。葉は上部は卵形で先が尖っていますが、基部は心臓型をしています。
管理 性質は強健。耐寒性はかなり強く、関東以西なら越冬可能。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ