鉢物管理基礎編indexへ

鉢物の管理の基礎

観葉植物の殖やし方@ 挿し木
葉挿し株分け取り木茎伏せはクリック
 挿し木は観葉植物では最もよく行われる繁殖法です。挿し木でミニ観葉を作ったり、気に入った種類をたくさんふやしたり、古くなった株を作り直すことができます。

○挿し木の種類
 挿し木には、頂芽挿し、茎挿し(管挿し)、葉挿しなどがあります(葉挿しはここをクリック)。
頂芽挿し(ほとんどの種類) 腋芽挿し(茎も含めてそぎ取る)
例:ユッカ、ドラセナなど
腋芽挿し
例:アナナス類、サンセベリアなど
ランナーの子芽挿し
例:オリズルラン、ツデーなど

茎挿し(1芽、茎縦割り)
例:アフェランドラ
茎挿し(1芽)
例:ゴムノキ類、クロトン、シェフレラなど
茎挿し(2芽)
例:ギヌラ、パキラ、ポトス、ヘデラ、ホヤ、シッサス、など
茎挿し(3芽)
例:ガジュマル、シンゴニウムなど
茎挿し(3芽以上)
例:エスキナンサス、ブライダルベール、コルムネアなど
○適期
 挿し木の適温は、一般に20〜25℃程度ですから、5〜9月の間に行えます。特に5〜6月ごろは挿し木の最適期です。温度は最適であり、発根しやすい若々しい芽もとれます。そして、冬を迎えるまでに植物を丈夫にしておく十分な期間もあります。
○用土
 挿し穂の切り口から病原菌が入りやすいので、挿し木用土は無菌的な清潔なものでなければなりません。また、水保ちと水はけがよく、肥料分の含まれていないものが適します。一般にパーライト、バーミキュライト、ピートモスの単用、あるいはこれらを配合したものなどが適しています。鹿沼土、赤玉土、川砂、水苔(基部の巻き付ける)なども利用できます。
用土は鉢や園芸箱などに入れて、十分に水を与え、湿らせておきます。
○挿し穂の調整
 頂芽挿しの場合は、種類にもよりますが、展開した葉を3〜4枚ほどつけて切りとり、下の葉を1枚ほど取り除きます。長さでいえば4〜7pが好適ですから、節間のつまった種類では少し葉が多くなります。挿す前に鋭利なカミソリで少しだけ切り戻して、きれいな切り口にします。葉が大きすぎるときは、半分ほどに切り詰めます。茎は若々しいほどよく発根します。

 茎挿しの場合は、頂芽挿しより葉は少なくします。葉を3枚ほどつけて茎を切り、下の葉を1枚取り除きます。長さは4〜7p程度にしますが、節間の詰まった品種でも普通は葉を2枚以上つける必要はありません。ただし、葉の小さい種類はもう少し葉の数を増やします。その他は頂芽挿しとほとんど同じです。

いずれも親株から切り離して後、早く調整し、すぐに挿し木をします。挿し穂が萎れているようなら、基部を水に漬けて、1〜2時間水揚げしてから挿します。
 切り口から白い樹液が出る種類は、切り口をよく水洗いしてから挿します。この樹液は種類によってはかぶれる場合もありますから、皮膚につけないように注意して下さい。
○挿し方
 あらかじめ割れ箸などで挿し穴をあけておいて、挿し穂の基部を2〜3p用土の中に挿します。茎元を手でしっかり抑え、用土と挿し穂をなじませます。そして、たっぷり水を与えます。なお、切り口に発根促進剤を少量つけておくと、発根しやすいでしょう。
○挿し床の管理
挿し木後は風の当たらない日陰に置きます。そして、萎れさせないために、霧吹きで毎日葉水を与え、湿度を保つようにします。挿し床は乾かし過ぎない注意が必要ですが、水を与え過ぎないようにします。なお、湿度保持のため、カバーをかけるのもたいへんよい方法ですが、日中の温度が上がりすぎない注意が必要です。10〜15日過ぎたころから、少し強い光にも慣れさせていきます。
○発根後の鉢上げ
発根までの期間は植物の種類によって違いますが、草ものでは20〜30日、木ものでは30〜40日程度が目安となります。発根すると芽が動き始めますから、早めに鉢に上げます。3号程度の鉢に上げ、大きくなれば植え替えていきます。